写真よりも形式

極論すればなんでも良いのですが、写メよりも見ている部分があります。それは人間性です。写メの送付を通してのやり取りでお店側は人間性を判断します。言われた指示を忠実にこなせるのかや、応対です。むしろそちらの方が大切です。例えば体験入店を提案された際、どのような応対をするのか。フランクな言葉で断るのか、あるいは敬語を使えるのかくらいは見ます。

写メの内容よりも人間性の部分はチェックしますので、どのような写メでも良いのですが応対くらいは丁寧に敬語で臨むようにしましょう。風俗の世界ではあってもビジネスの世界です。お店側が女の子を求めるのは趣味ではありません。男性客のニーズに応えるためであって、遊びではないのです。遊びではないと弁えた上での応対が求められますので、言葉遣いくらいは気を付けましょう。また、デコレーションは控えた方が良いです。

デコレーションをするとどうしてもお遊び感が強まってしまいます。どのような写メであっても構わないものの、デコレーションしているとなると仕事の意識を持っているのかと思われかねません。写メであればその写メしかないという言い訳もつくのですが、デコレーションに関しては言い訳出来ないものです。

雰囲気

これに尽きるでしょう。写メは結局は高精細ではありません。証明写真と比べれば見づらい部分があるのですが、お店側はそれで良いと言っているのです。つまり、多少画質が悪くても良いのです。どのような女性なのか大まかな雰囲気が掴めれば十分なのです。体型云々ではなく、とりあえず顔の雰囲気を掴みたいだけですので、写メが悪いので面接に落とされることはまず有り得ません。

基本的にお店側は女性からの応募を待っています。競争激しい風俗の世界です。断るのではなく、一人でも多くの女の子に応募してもらい、お店で働いてもらいたいのです。わざわざ証明写真を撮影するのは面倒だろうとの思いから応募しやすいようにとの配慮で写メでも良いとしてくれているのです。にも拘わらず、写メで落とすのは辻褄が合いません。あくまでも全体的な雰囲気を見るだけですので、どのような写真であれ問題ありません。

関連サイト_汝々艶十三店 | 大阪の風俗求人サイト【汝々艶】
写メ面接を実施している風俗店の求人情報です。

大分人数で写っているようなものの場合、さすがに単体の写メをと指摘されるかもしれませんが、一人で写っているものであれば部屋着でもすっぴんでも何ら問題ありませんし、それが原因で面接に影響をきたすようなこともありません。極論してしまえば何でも良いのです。

風俗求人のトレンド

風俗求人は年々形が変わりつつあります。風俗の世界に少しでも足を入りやすくとのことから、簡単に応募出来るよう業界側も様々な手段を講じているのです。風俗店にとって、何より大切なのは女性です。他の業種であれば、店長やマネージャーが代わりを行えることも多々あるでしょう。ですが風俗は別です。女の子がいない風俗店など男性客は利用しようとは思いません。女性でなければならないのです。

そのようなことはどの風俗店も理解しているからこそ、風俗求人に真剣なだけではなく、求人に応募してもらいやすいよう工夫を行っているのですが、最近増えているのが写メ面接です。名前からも分かるように、写メによる面接なのですが実際にはどのようなことが行われているのかよく分からないと不安に思っている女性もいれば、むしろ写メだからこそどのような写真を送ればよいのか分からないと悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。

一般的な応募写真はスーツ姿で証明写真にて撮影して履歴書に添付します。スーツ姿、あるいは真っ当な格好で、更には写真の形式も決まっていますので、写真に関して悩むようなことはないでしょう。ですが写メ面接は基本的に自由です。どのような写メでも良いと謳っている風俗店も多いのですが、何でも良いからこそ何を送るべきなのか悩むものです。そこで写メ面接ではどのような点を見られるのかをお話します。これが分かっていれば何を送るべきかも分かるはずです。